FC2ブログ

矢沢城跡公園の桜

テレビの桜開花情報では上田城跡公園の桜は葉桜だと言っていました。
一気に春が遠のいていく気分です。

我が家から見える2kmほど離れ矢沢城跡公園の桜は満開のようです。
ここはテレビの大河ドラマでやっていた真田丸にも出てきたところなのですが城壁を作った石垣もなく山城だったようです。
今日は久しぶりにカメラ思っていってきました。





DSC_0004-s_201904221934494f0.jpg

夕方だったのですが駐車場には車が一台もなく閑散としていました。
提灯が張り巡らされているので夜には賑わうのでしょうか。




DSC_0052-s.jpg




DSC_0008-s_20190422193450c21.jpg

この石垣の上には民家が建っています。




DSC_0019-s_20190422193451a02.jpg

上まで登るとたくさんの桜が植えられているのですがもう一つ撮影スポットがありません。





DSC_0047-s_201904221934530ac.jpg



明日はつれあいの提案で小諸城跡公園の桜を見に行く予定です。




スポンサーサイト

今日の桜

今日も最高気温が20℃を超えました。
我が家の桜も一気に満開になりました。
生憎の薄曇りだったのですが今日の状況をUPです。



DSC_0029 (1)-s

なんとなく気がついていたのですが我が家のしだれ桜は枝垂れる程度が大きいです。
地面にすれすれになるまで枝垂れるのです。





DSC_0066-s_2019042116094147c.jpg

植えてから10年以上たつのですが植えた年はもう忘れてしまいました。
たぶん12年くらい経ったのでしょうか。
上に伸びるよりも枝垂れる枝の方が多いので大きさとしては限度なのでしょうか。





DSC_0034-s_20190421160934e08.jpg





DSC_0041 (1)-s





DSC_0043 (1)-s

今日はトラが来ていましたよ。





DSC_0059-s_20190421160939d25.jpg

今日のおまけはムスカリです。
ナニワイバラの下になってしまい咲き出しも遅くひょろひょろと伸びてしまっています。
ここにはフクジュソウもあるのですが咲いてくれません。



水仙あれこれ

この数日20℃を超える日が続いて我が家のしだれ桜も一気に満開となりました。
今朝写真を撮ろうと外に出たのですが日が昇ってしまっていて日差しが強く撮るのを諦めました。

かわりにしだれ桜の周りにてんでバラバラに咲いていた水仙を撮ったのでUPです。




DSC_0004-s_20190420171722a8d.jpg

私が植えた水仙はピンク水仙のジュエル・ソングだけで残りの水仙は昔からあったのか自然に出て来たのかわかりません。





DSC_0039-s_20190420171730c41.jpg

この一重の黄色い水仙がわさわさと増えてこれからどのように管理したらよいか思案しています。
大半を掘り起こしてしまえばすっきりするのですが今度は何を植えたらよいか悩むのです。
この場所は全くの放任状態なので手がかかる植物は植えられません。





DSC_0012-s_20190420171723b27.jpg

ラッパ水仙などは植えたことがないのですがこの数年咲いているのです。
白いラッパ水仙もいつのまにか数輪咲いています。




DSC_0021-s_2019042017172633e.jpg

ジュエル・ソングです。
暖地ではピンク色が薄くなると言われていますがやはり札幌で咲いていた時よりもピンク色が薄くなっています。




DSC_0035-s_20190420171729e87.jpg

大昔母が植えた水仙で、口紅水仙と呼んでいたのが印象に残っています。
消えてしまったと思ったらまた別の場所に復活するということを繰り返しています。




DSC_0041-s_2019042017173201b.jpg

これは水仙ではないということを見た記憶があるのですが母がスズラン水仙と呼んでいたので水仙だとしておきましょう。
この品種も消えたと思っていたら復活していたというものです。





DSC_0025-s_201904201717277a8.jpg

おまけはチューリップにやってきたヒラタアブです。
チューリップは水仙と違って植えてもすぐに消えて行ってしまいます。
今咲いているのは黄色が一本と赤色が一本だけです。



しだれ桜と水仙

地元のテレビニュースでは上田城跡公園の桜は散り始めだと言っていましたが
我が家のしだれ桜は4分咲きくらいでしょうか。

今日はさくらと水仙のコラボです。




DSC_0020-s_20190418222250eeb.jpg





DSC_0024-s_201904182222518fc.jpg





DSC_0026-s_201904182222520f8.jpg





DSC_0050-s_20190418222257d88.jpg





DSC_0043-s_20190418222255ede.jpg

締めの一枚はしだれ桜の大写しでした。

満開は明後日でしょうか。







里山を歩く会(その1)

今年二回目の里山を歩く会に参加してきました。
皆さんすっかりお年を召してしまい山はパスということで平らなところを歩くことで気を紛らわせています。

今日は別所温泉の中を散策するというコースでした。




DSC_0044-s_20190417165246a98.jpg

温泉街の中に大きな椿の木がありました。
この地方では北風が強く雪が降らず空気が乾燥するので常緑の葉の植物は育ちにくいので珍しいのです。




DSC_0045-s_2019041716524724d.jpg

旅館の玄関にも椿が咲いていました。
ここは山に抱かれているような地形なので北風が吹かないのでしょう。





DSC_0050-s_2019041716524891c.jpg

北向き観音です。
この観音堂は北の方向を向いていて長野の善光寺が南を向いていることから年末年始の参拝ではそれぞれの場所に参拝する二年参りをするとご利益があると言われています。





DSC_0054-s_201904171652502cd.jpg

北向き観音を参拝した後に行ったのは倉澤蚕室でした。
温泉街の一番奥の高台にある蚕室だったのですが初めて行きました。

蚕室というのは養蚕が盛んだったころに建てられた生糸を取るための蚕の卵を育てる建物で今の私の家も蚕室作りという作り方をした家なのです。
蚕は湿度を嫌うために換気の工夫がされた構造になっています。
この倉澤家の蚕室は地下一階、地上2階建てで地下は暖房用のストーブが置かれていて一階と二階に暖気を送るようになっていました。
一階と二階は8畳の部屋がそれぞれ3室並んでいてここで蚕を飼っていたのです。
倉澤という人は明治から昭和にかけて一大産業になった生糸の生産の元になる蚕の卵(蚕種)の販売で一代で財を成したという人だったそうです。
しかし、昭和4年の世界的な大恐慌で生糸の輸出がダメになり終焉を迎えたということだったそうです。
8畳の部屋が6室あるだけの建物で別所温泉周辺の広大な土地を持つことになるなんてすごい商才です。





DSC_0057-s_20190417165251cfd.jpg

この後は重文の石造多宝塔のある常楽寺、国宝の八角三重塔のある安楽寺をめぐってから
別所神社で昼食となりました。

常楽寺では水芭蕉が咲き始めていましたよ。





DSC_0061-s_20190417165253795.jpg

中央が重文の石造多宝塔です。
素人にはありがたみがわきません。




DSC_0063-s_2019041716525462f.jpg

昼食場所の別所神社の舞台です。
中央にいる人達の大きさから舞台の大きさがわかるでしょう。
別所温泉には何度も来ていますが別所神社の存在は知りませんでした。
舞台の大きさに比べて神社は小さくそのアンバランスに驚きました。
昔はここでどんな舞が奉納されたのでしょうか。





DSC_0064-s_201904171652562af.jpg

市内の上田城跡の桜は満開だそうですがここは山極なのでこれから満開を迎えるところでした。





DSC_0065-s_20190417165257136.jpg





DSC_0066-s_20190417165259bcb.jpg

この時期に来たことがなくこれほど桜があることを知らずよい散策時間を過ごしました。



プロフィール
バラの栽培を始めて10年以上たちました。気がついたらオールドローズに囲まれていました。

paper moon2

Author:paper moon2
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR